のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

うちの子が手足口病になった話し

 

子どもの間で手足口病が流行っています。

www3.nhk.or.jp

手足口病とは、手や足、口の中などに発疹ができる病気で、発熱があったりと風邪のような症状が出ます。夏場に多いようですが、うちの子は昨年11月にかかりました。

わたしの子どもが通っている保育園でも流行ってます。

そして、わたしの子も手足口病にかかってしまいました。

 

 今月初めから流行りだした

 

京阪神地区の保育園に通っていますが、最初に同じクラスで手足口病の子が出たとお知らせがあったのは7月3日でした。どうして、こんな詳細に覚えているかというと、その次の日が夏祭りの日で、手足口病の子は参加出来なくてかわいそうという話しをしていたからです。

 

その後、次々と保育園を休んだり、早退する子がクラスに出てきました。休みの子がいる場合、朝の挨拶のときに先生が「~ちゃんはおやすみです♫」と言うそうです。それを子どもが家でも真似をして「~ちゃんはおやすみです♫」と言ってくれるので、「かわいい」と思いながらも、「結構休んでいる子多いなぁ」と思っていました。次はこの子の番かもとヒヤヒヤしていましたが、その後もありがたいことにいっこうに手足口病のような症状にならず元気に保育園に行ってました。

 

ところが、この前の日曜日から鼻水が出始めました。

 

 発熱してからしんどうそう

 

月曜日の朝は元気で熱もなかったので通常通り保育園に行ってきました。鼻水が出ているので水遊びはやめていただいたようですが、他はいつものように遊んでいたとのことです。

 

しかし、家に帰ってから少ししんどうそうだったので、熱を測るとと37.6度ありました。病院に行こうかと思いましたが、そのあとすぐに36度台に下がったので、暑かったからかもしれないと思い、次の朝まで様子をみることにしました。

 

体の発疹は見た目ではわからず、虫さされなのか手足口病の発疹なのか区別がつかなかったです。今思うと少し食欲がなかったのですが、口の中で発疹ができ始めていて食べにくかったのかもしれません。

 

そして、昨日です。朝には熱もすっかり下がって元気に保育園に行きました。いつも通りに走り回って遊んでいたようです。しかし、家に帰ってくるとまたしんどうそうだったので、熱を測ると37.9度ありました。急いで小児科に連れて行くと手足口病と診断されました。

 

発疹がわからなかったと話しをすると、1ミリほどの小さな発疹が少し出ているとのことで、わかりにくかったです。症状としては軽いとのことです。お友達では、足全体に発疹ができている子もいてかわいそうでした。

 

 一日休んだだけで保育園に行けそうです

 

手足口病は出席停止の病気ですので保育園にはいけません。熱が一日出なければ、許可書を小児科の先生からもらって行くことが出来ます。

 

うちの子はおかげさまで今日一日熱は出なかったですので、明日から保育園に行けそうです。本人は遊びたいので行きたがっています。でも、他の子も手足口病で休んでいるので来てる子が少ないみたいです。

 

手足口病はうちの子のようにゆっくりと発症する子もいれば、急に発疹、熱が出てくる子もいるようです。しかし、早めにかかっている子も2日ほどの休みで保育園に出てきていますので、しっかり休息すればきちんと治るようです。

 

ただ、小児科の先生曰く、「下の子も2,3日後になるかもね」とのこと。飛沫や唾液感染するようで、子どもは二人共おもちゃを口に入れることがあるので、確実にうつりそうです。大人もかかることがあるようです。

 

手足口病と長い付き合いにならないように気をつけます。

 

 その後の話はこちらです

nonbirihappy.hatenablog.com