読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

SoftBankからFREETELへMNPしました。【vodafoneからの付き合い「SoftBank最後の抵抗」編】

 

FREETEL「SAMURAI MIYABI」というSIMフリースマホを購入しました。

  

nonbirihappy.hatenablog.com

 

 

そもそもどうして購入したかというとSoftBankの月々料金が高いので、格安SIMに変えたかったからです。

 

SoftBankでは平均1万円ほどしていますが、SIMフリー機で格安SIMを使えば、わたしの場合もっと安く済むのでは思ったのです。

 

そして、今日SoftBankからFREETELへMNPしてきました。

 

 

 その場でMNP手続き

 

ヨドバシカメラ梅田のモバイルSIMコーナーで購入してきました。

 

FREETELのSIMはヨドバシカメラの売り場でMNPの手続きを含めて購入可能でしたので、最初から店頭で購入しようと決めていました。

情弱なので店頭が一番楽ちん

 

まずは、店員に「FREETEL」のSIM契約に来たことを伝えると、別カウンターへ案內されます。

 

MNP」であることを告げると、「まずはSoftBankからMNP番号を貰ってください」とMNP専用ダイアル「#5533」を教えてもらえます。

 

電話はそのカウンターでしました。

 

なかなかつながらず、5分ほど待ちました。

 

つながり、音声案內で「MNP番号が欲しい」を選択すると、オペレーターにつながります。

 

ここからSoftBank最後の抵抗」が始まります。

 

f:id:nonbirihappy:20151018141612j:plain

 

 

 

 

 まずは料金について

 

改めて「MNP番号が欲しい」旨を伝えると、いま乗り換えた場合の費用を紹介されます。

 

わたしの場合

MNP手数料   3,240円

契約解除料金  10,260円

事務手数料   3,240円

合計      16,740円

 

「げっ!契約解除料金、結構高いやん」

 

先月が2年縛りの最終月でした。

 

今月はそれを超えてしまったので、新たに2年契約に入ったとのこと。で、その2年契約途中での解約のために費用が発生するとのこと。これがかからなくなるのはやはり2年後の「2017年9月」とのこと。

 

つまり先月でしたらこれはかからなかったのです。くそー。FREETEL、どうして9月中に発売してくれなかったー

 

でも、わたしの使い方だとFREETELのほうが月々料金が安くなるので、解りましたから手続きを続けてほしいと伝えます。

 

そこから矢継ぎ早の質問が、「どこに乗り換えるのか?」「機種は決まっているか?」

 「なぜ乗り換えるのか?」

 

「FREETELに乗り換える」「SAMURAI MIYABIです」と答え、最後に「月々料金が高いからです」と伝えると、

 

オペレーターの声が一段と大きくなり

 

SoftBankにはあなたの知らない有利な特典がたくさんあります!

 

オペレーターの「きた!」という心の声が聞こえてきそうでした

 

特典

次のどちらか一つ

・30,000円分のポイントプレゼント(機種代にあてることが可能)

・2年間24,000円の割引(月々で適用)

プラス

iPhone5下取り代25,560円割引(月々1,065円で適用)

契約内容によって違いがあるかもしれません

 

 

「どうです、見積もりを出してみませんか」

 

オペレーターの鼻息まで聞こえてきそうな勢いでした。

 

「ん?確かにお得かも?」と一瞬思いましたが、こっちはすでにSIMフリー「SAMURAI MIYABI」を購入済みで、いまさらもう一個SoftBankiPhoneを買うつもりはないです。

 

というか、ほんとうに2年縛りが嫌なのです。

 

いまの技術の進歩で2年後の通信環境がどうなっているかわかりません。その時最適なものを選べるようにしておくことが一番お得だと思うのです。

 

「結構ですので、早くしてください」と答え、「パケット割の日割りはないので、今月分丸々料金が発生しますがいいですか?月末にしたほうがいいのではないですか?」とも言われましたが、時間がおしいですし、今日変えてしまいたいので「いい」と答えました。

 

別にまた時間を取るなら、その時間を使ってパケット割代を稼ぎます。

普通に考えたら月末にMNPしたほうがいいですよね

 

「ここでわたしが手続きに入りますと、いままで話した特典はすべてなくなりますがよろしいですか?」とファイナルアンサーを求めてきました。

 

「結構です。手続きを進めてください。」と即答でファイナルアンサーを返しました

 

 

では、「ショートメールで送信します。」

 

 

「って結局メールかい!」

 

 

メールから「MySoftBank」へログインし(パスワードを忘れていたら時間がかかります)指示すると、再度MNP番号がショートメールで送られてきます。

 

これでやっとFREETELの手続きに入ることができます。

 

 

 さよならSoftBank

 

MNP番号が届くと、あとはFREETELの手続きに入ります。

 

こちらについては別記事で書きます。

 

最終、SIMを受け取るとき、手数料3,240円をヨドバシカメランへ支払いました。

最初に聞いた事務手数料ってヨドバシカメラに払うぶんやん!SoftBankへかと思ったわ!

 

 今回、わたしは「今日絶対に全部の手続きを終える」と決意して行きましたので、「SoftBank最後の抵抗」を乗り切ることができました。

 

しかし、MNPを考えている方は、時期は考えたほうがいいと思います。

 

ほとんどの方が2年縛りの契約でしょうから、更新月を必ず確認しておいたほうがいいです。

 

実際どうなっているのかわからない場合は、MNP担当へ連絡してみてもいいのではないでしょうか。

他のキャリアはわかりませんが、SoftBankは現在のMNPへの状況は教えてくれます。

MNPするという前提で話を進めると

 

 

SoftBankとは長い付き合いでしたが、料金以外では不満はなかったです。

 

さようならSoftBank

 

いままでありがとう

 

 

【あとがき】

メルアドがvodafoneになっているのは正直恥ずかしかった。これでおさらばです。

 

 

こちらもどうぞ

 

 

nonbirihappy.hatenablog.com

 

nonbirihappy.hatenablog.com

 

 

nonbirihappy.hatenablog.com