読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

YouTubeにあがっている映画を見ることに問題はないのか

 

 

暇つぶしによくYouTubeを見ます。

www.youtube.com

 

一番良く見るのは音楽ものです。見るというか聞くといったほうが正しいかもしれません。リストで流しっぱなしにしています。

 

あと、スポーツのハイライトも見ます。見逃したサッカーのゴールシーンや野球の得点シーンなどをサクッと見れるので便利です。

 

それと、映画の予告編もよく見ます。

 

予告編っていいですよね。どれを見ても「この映画おもしろそー」と思ってしまいます。

 

ところで、ときどき映画の全編があがっていることがありますよね。

 

 

 見るのはアウト?

 

予告編の動画を見ていると、右側の紹介に「FULL MOVIE」と表示された映画の全編が出てくるときがあります。

 

実際クリックすると、普通に見れるんですよね。

 

YouTubeで「映画 フル」なんて検索すると邦画がいっぱい出てきます。

 

これってやっぱり問題がありますよね。著作権違反ですよね。

 

そして、大きな疑問、これを見る側は問題にはならないのでしょうか。

 

著作権がついているものをアップロードしたり、ダウンロードすることは違反だということは知っています。

では、違法にアップロードされたものを見た場合はどうなるのでしょう。

 

これについてはちゃんと「政府広報オンライン」に紹介されていました。

 

Q  違法に配信されている音楽や映像を視聴したら、違法ですか?

 

A 違法に配信されている音楽や映像を見たり聞いたりするだけでは、録音・録画が伴わないため違法ではなく、刑罰の対象とはなりません。

 

 

Q 動画投稿サイトの閲覧について、その際に一時保存ファイル(キャッシュ)が作成されますが、これは違法ですか?

 

A 動画投稿サイトでは、データをダウンロードしながら再生するという仕組みのものがあり、動画を閲覧するときに自動的に一時保存ファイル(キャッシュ)が作成されますが、これは著作権の侵害にはあたらないため違法ではなく、刑罰の対象とはなりません。

 

 

見るだけなら問題は無いようです。また、見たことによる「キャッシュ」もダウンロード行為に当たらないとのことです。

違法にアップロードされたものをダウンロードすることは違法です。

それが個人だけで楽しむことだとしても違法になります。

 

とにかく、YouTubeに上がっている映画を見るだけなら問題はないとのことです。

 

 だったら楽しんじゃえ

 

実はジャッキー・チェンの映画が結構あがっています。

 

好きなんです、ジャッキー・チェン。

特に「プロジェクトA」が大好きです。映画館で一日3回見たこともあります。(昔は入れ替えが無かったのです)

 

他にもその頃の懐かしいものが多く、ついつい見てしまいます。

 

ジャッキー・チェンにかぎらず、洋画、邦画問わず、たくさんの「映画 full movie」があがってます。

洋画でも、日本語字幕がついているもの、日本語吹き替え版もあります。

邦画だと最近のものがあがっているときもあります。

 

 ただし、YouTubeですので画質は良くないですね。

スマホ画面ではきれいに見えますが、PCのフルスクリーンにするとかなり画質は荒いです。

10インチのタブレットでも見にくいものもあり、ワンセグTV並の画質になります。

 

 スマホか、PCでも全画面でない方が楽しめると思います。

 

所詮無料で見ていますので、贅沢は言えないです。

 

【あとがき】

それでもフルムービーを見るのは少し後ろめたさがあるな~