読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

「hulu」で【ドーン・オブ・ザ・デッド】を観ましたという話

雑記 映画

VAIOS11の購入特典として、「hulu一ヶ月無料視聴クーポン」がありました。

 

nonbirihappy.hatenablog.com

 これはソニーストアのみの特典だと思います。 

 

タダなら試しにと思い、登録しました。

まだ登録したばかりなので「hulu」自体の感想はまた改めて記事にしたいと思います。

 

 「ドーン・オブ・ザ・デッド」を観ました。

 

 正直なところ、あまり見たいものがなかったのですけど、前から見てみたい思っていたこれを観ました。

 

「ドーンオブザデッド」

 

有名な映画「ゾンビ」のリメイク版です。

ゾンビ映画の原点とも言える作品ですよね。

 

元の「ゾンビ」は、昔に深夜放送で観たことがあります。

深夜に見た割にはこわい部分が少なく、ハラハラするアクション映画という印象があります。

 

 

 スプラッター映画ではない

 

ストーリーは、街中ゾンビだらけの中、生き残った人たちがショッピングモールに集まってきます。彼らは生き残ることができるのか。

こんな感じです。

 

ゾンビ映画の王道的展開です。

 

世界観はまるまるゲームのバイオハザードです。

ゾンビが襲ってくる。拳銃で立ち向かう。

本来はバイオハザードが真似をしているのですが、リアルバイオハザードみたいでした。

 

違った点は、ゾンビが全速力で走ってくることです。

車にも追いつきそうなぐらいかなり速いです。

これがある意味こわいです(笑)

 

 

ゾンビが出てくるぞーというドキドキ感が楽しめます。

ただ、スプラッター映画ほどのグロいシーンは少ないです。

ゾンビは気色悪いですけど、それほど頻繁に出てきません。

 

ゲームのバイオハザードぐらいの怖さが大丈夫な方は、充分観れると思います。

 

 

 展開も王道

 

 ストーリー展開も王道な感じで進みます。

 

助かっている人たちがショッピングモールに少しづつ集まってくるのですが、次にこの人がやられそうだなというのが、キャラでわかります。

いじわるな人とか、軽い人とか、キャラ的にやられそうだなと思った人は間違いなく

ゾンビにやられてました。

 

一人だけ生き残ろうとして、他の人を閉じ込めたりしたものもいましたが、そういう奴ほどひどいやられ方でゾンビに食われます。

また、頭の悪い女がアホな行動をしてみんなに迷惑をかけたりします。

 

逆にみんなを守るために頑張ってきた人が、最後の最後にゾンビにやられて、みんなを助けるためにあえて犠牲になったりします。

 

こんなB級アクション映画にありがちな話がたくさんあります。

 

最後は少しマッドマックスを彷彿させるようなカーアクションもありました。

そうそう、カーアクション中にチェーンソーを使うシーンがあったのですけど、それを誤って使ってしまいます。

そのシーンが一番グロかったです。

 

一時間半ほどと短い映画でした。

それほど怖くもなく、ハラハラ・ドキドキも楽しめて、なかなか時間つぶしにはいい映画でした。