読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

スリリングな展開がおもしろかった!~読書感想「マスカレード・ホテル」

読書感想

 

 

今日の読書感想はこちら

 

「マスカレード・ホテル」東野圭吾著

 

久々に読んだ東野圭吾、面白かったです。

以下ネタバレあります。

 

 

 高級ホテルが舞台

 

amazonより、あらすじ紹介

 都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!?いま幕が開く傑作新シリーズ。

 

舞台は、東京都内の高級ホテル。

殺人事件が行われる可能性が高いということで、刑事がホテルマンとして潜入し、未然に事件を防ぐことになります。

ホテル側は高級ホテルとしてサービスの質を守りたい、刑事側はホテルのことよりも犯人逮捕を最優先に考える、このふたつの感情がぶつかりながら話は進んでいきます。

 

今回の主人公は二人です。フロントに潜入している刑事とその指導係の女性。

この二人が、、対立しながらも少しづつお互いのことを認めて、事件の解決に向かっていきます。

この展開が面白いです。

 

暗号でホテルが次の殺害場所だとわかるのですが、最初は数字の暗号だけでなぜそのホテルなのかが明かされてませんでした。

しかし、数字を見てすぐに「これって緯度と経度のことじゃない」と気付きました。

だって場所に関する暗号ですから。

しかし、日付が絡んでいることがラストに大きく影響します。

これがこの暗号のミソだったと思います。

 

ホテルにはいろいろな人がきて、それぞれ怪しい行動を取ったりして、ストーリー に飽くことがありませんでした。

あくまでもお客様として接する女性と、怪しいものとして監視する刑事との違いがストーリーに大きく影響し、「この人は普通の客なのか、犯人なのか」とドキドキする展開が良かったです。

 

刑事としての勘とホテルウーマンとしての勘、その兼ね合いが面白いです。

 

 

 ラストへ向けてハラハラ

 

展開から、ある結婚式が殺害が行われる可能性が高いことがわかります。

 

その結婚式の当日までの展開がスリリングで良かったです。

前日からいろいろなことが起こり、刑事、ホテルそれぞれがピリピリしたムードの中、結婚式当日を迎えるのはかなりドキドキしました。

ここらへんからは一気に読んでしまいました。

 

特に当日怪しい男が来てからは、急転直下の展開でグイグイと引き込まれました。

 

「どんでん返しで主人公の女性が狙われたりして」なんてちらっと思ったのですが、展開的に「それはないな」と思ったところの犯人の登場です。

また、その犯人が意外なところから出てきて驚きました。

犯人に関しては全く予想外でした。

 

結婚式に向かっての盛り上がっていく展開、意外な犯人の登場。

ミステリーとしておもしろい小説でした。

 

これ読んだらいいホテルに泊まりたくなりましたね。