読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

GoogleChromeの快適さが増す便利なショートカットを紹介します

IT・ガジェット

 

先日このような記事を見かけました。

internet.watch.impress.co.jp

 

ウェブブラウザーのシェアが、マイクロソフトのInternetExplorerを抜いて、GoogleChromeが一位になったようです。

 

Chrome - Google のウェブブラウザ
Chrome - Google のウェブブラウザ
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

ずっとGoogleChromeを使っていたので、InternetExplorerの使い勝手はわかりせんが、GoogleChromeは使いやすいブラウザーだと思います。

特にPC版はそう思います。

 

今日はGoogleChromeで頻繁に使う基本的なショートカットを紹介します。

 これを使うとGoogleChromeの使いやすさが倍増します。

 

 Ctrl+T

 

新しいタブを開きます。

GoogleChromeのタブとはサイトを表示する画面です。タブで別々のサイトを同時に表示させることができ、タブをクリックすることでサイトが表示されます。

初めてGoogleChromeを使ったときにとても使いやすく感じた機能です。

 

 Ctrl+Shift+T

 

誤って消してしまったタブを復活させることができます。

いろいろ開いていると、間違ってポチっとタブを消してしまうことがあります。

そんな時はこのショートカットでタブを復活させます。

この機能は直前に消したものひとつだけしか復活できないです。

 

 Ctrl+H

 

履歴の表示です。

「設定」からも表示可能ですが、このショートカットのほうは断然早いです。

直前の履歴は上のショートカットで対応できますが、時間が経ったものはこれで再現します。

 

 Ctrl+Shiftを押しながらリンク先をクリック

 

サイトのリンク先を表示させる時に使います。

このショートカットを使うと、今見ているタブは残ったまま、クリック先が別タブで表示され、そのサイトを見ることができます。

通常、リンク先をクリックすると、見ているタブ上でリンク先に飛ぶため、リンク元のサイトは消えてしまいます。

「←」の戻る機能はありますが、両方を表示することはできません。

このショートカットを使うと、両方タブの切り替えで見ることができます。

ちなみに、「Ctrlを押しながらリンク先をクリック」でも、クリック先を別タブで表示できますが、その別タブを見るにはタブのクリックが必要になります。

 

 

 スペースキーを押す

 

画面が下にスクロールしていきます。

「↓」ボタンよりも、ワンタッチの画面の飛び幅が大きいです。 

PageDownとほぼ同じ機能ですが、ワンタッチでできるので便利です。

 

 

 Ctrl+Tab

 

タブの切り替えです。

このショートカットで右隣りのタブへ切り替わります。

Ctrl+Shift+Tabで左隣りのタブへ切り替わります。

 

 

 F5又はCtrl+R

 

サイトページの再読み込みをします。

スポーツの情報確認時によく使います。

 

 

頻繁に使う7つを紹介しました。

GoogleChromeのショートカット機能はもっとたくさんありますが、今回のものを知っているだけでもかなり早く快適にGoogleChromeが使えると思います。