読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

自分年齢が邪魔をする?~「早子先生、結婚するって本当ですか?」第8話感想

TV

 

 

ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」第8話を見ました。

www.fujitv.co.jp

 

その感想です。

 

 

 八嶋智人が準主役

 

今回は八嶋智人がたくさん出てきました。

あの人の演技は面白いので好きです。

 

オープニングから彼の婚活話が始まって、また相手が佐々木希という、これまた差がありすぎる設定でした。

カラオケの盛り上がりを見ながら、「あ~、これはフラれるパターンだな」と思いました。

ドラマでの彼はフラれることが多いので、八嶋智人の落ち込んだ顔、がっかりした演技ばかり見ているように思います。

今回のそのパターンだと思っていました。

 

案の定、チャラい奴が出てきて、けちょんけちょんにからかわれて、彼の婚活は終わりました。

「やっぱりな」なんて思ってましたが、その後が意外な展開でしたね。

 

もう一度会うことになって、そこからまさかの付き合いがはじまりました。

「一度下げて最後に上げる」みたいな展開です。

 

一度フラれたと思っているので、初対面の時とは違い、冷静に会うことができたことが良かったのかもしれませんね。

しかし、相手が佐々木希とは良すぎじゃないですか(笑)

 

 

 

 年齢の話

 

八嶋智人がチャラい奴に言われたこと、早子先生がメールを送りそびれていること、から思ったのですが、やはり年齢って大きいですね。

 

相手の年齢もそうですが、自分の年齢のことのほうがより大きいと思います。

 

というのも、恥ずかしい、みっともないという気持ちが、年齢とともに強く出てきます。

 

恋愛はしたい、しかし、自分から行くには「いい歳して」という枕詞がついてくるように思うのです。

 

だから、恋愛に臆病になる。

 

恥ずかしい、みっともないという気持ちはいつの年代でもあると思いますが、それが年齢を重ねてくると顕著になってくるように思います。

 

「やっぱり、婚活も恋活も早いうちがいいのかな?」なんて思ってしまいました。

 

でも、いろんなことを重ねての今があるので。

 

難しいところですね。

 

 

 次回は最終回

 

そんなことを思いながら見ていたので、ラストシーンの早子先生のある意味「告白」はちょっと緊張しました。

「言うのかな?」とドキドキしました。

 

吉岡秀隆が来ることは、前回の予告編でわかっていましたが、いきなりふたりきりになり、あんな展開になるとも思ってなかったです。

 

次回は最終回です。

早いですね。

予告編で「感動の最終回」なんて言ってましたが、婚活同盟の残り二人、早子先生とミカ先生の話なのでしょうね。

 

やはり、早子先生は吉岡秀隆と付き合うのでしょうか。

 

次回、最終回が楽しみです。