読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

通話を自動で録音してくれるアプリ「通話レコーダー」を紹介します。

IT・ガジェット 雑記

 

 

先日、仕事で電話約束したことをキャンセルされることがありました。

f:id:nonbirihappy:20160619061203j:plain

 

単純なアポイントではなく、数日かけて話を進めていた案件だったのですが、電話1本であっさり流れてしまいました。

 

電話だけで話を進めていたこちらが甘かったので、反省をしつつ、いい勉強になったと思っています。

 

しかし、そのとき思ったのが、電話でのやり取りを残しておけばよかったということです。

議事録では電話だけのやり取りでは意味がないので、通話を録音しておけばよかったと思いました。

 

 

 Androidアプリにあった

 

スマホに通話録音の機能が無いか調べてみましたが、音声メモはありましたが、そういうものはありませんでした。

 

通話録音の需要は少ないのかな?と思いましたが、ググッてみるとアプリで結構あることがわかりました。

 

iPhone向けのものはかなり少ないようですが、Androidにはあるようです。

 

早速、評判の良かった以下のアプリをDLしてみました。

 

通話レコーダー
通話レコーダー
開発元:Appliqato
無料
posted with アプリーチ

 

 

 きれいに録音される 

 

 

このアプリはDLするだけで自動で通話をしてくれます。

設定の必要はありません。

 

録音しているときは、通話中に画面左上に白◯が表示されます。

 

通話が終わると、画面に「録音しました」と表示されます。

 

録音内容を聞くには、アプリをタップします。

 

以下の画面が出てきますので、「再生」をタップすると聞くことができます。

f:id:nonbirihappy:20160619060153p:plain

 

すごくクリアに録音されてました。

 

耳に当てなくて、机に置いた状態でも充分に会話が聞き取れました。

 

きれいすぎてちょっと驚いたぐらいです。

 

画面で「保存」や「削除」が選択できます。

 

「シェア」もありますのでクラウドにあげることもできますが、そこまですることは無いかなと思っています。

 

ただ、ググったときの情報ですが、通話録音は揉めた際の証拠としては不十分なようです。

弁護士ではありませんので詳細はわかりませんが、揉め事時に有効なものではないということは覚えておきましょう。

 

相手の言ったことが録音で残るということは、通話していて一種の安心感があります。

 

出先での電話中に「ちょっと待って下さい、いまメモ用意しますので」と言わなくて済むだけでも断然楽です。

 

また、立て続けに電話したときに「あれ?前の電話では何を言っていたっけ?」なんてことも気にならなくなります。

 

設定も不要で、通話メモとして便利なアプリです。

 

通話レコーダー
通話レコーダー
開発元:Appliqato
無料
posted with アプリーチ