のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

手帳をほぼ日手帳カズンからダイソーのA4方眼紙に変更しました

 

手帳はほぼ日手帳カズンを愛用していましたが、物足りなくなってA4方眼紙に移行しました。

f:id:nonbirihappy:20170724151111j:plain

 

 

・ スペースが足りない

 

ほぼ日手帳カズンはA5サイズの1日1ページの手帳です。

文庫本と同じ大きさで、使いだした当初は、その大きさがすごく良くて「たっぷり書ける」と喜んで使っていました。

 

しかし、最近ではこの大きさでは物足りなくなりました。

日々の思いついたことや、お出かけの記録を書いているのですが、1ページで書ききれないことが多くなりました。

 

特に、お出かけの記録は、写真シールにした子どもの写真やチケットを貼り付けたりしており、それに対するコメントを書いていると、全然書ききれませんでした。

 

1日1ページで、できれば複数ページにまたぎたくないという気持ちにもなり、書いておきたいことを制限するときもありました。

 

 

・ ダイソーで購入

 

以前から、打ち合わせ用メモでA4方眼紙を使っていました。

ふとしたときに「これを手帳代わりにしたらどうだろう」と考えました。

 

残しておきたいので、ルーズリーフタイプのA4方眼紙をダイソーで購入しました。

f:id:nonbirihappy:20170724150317j:plain

70枚で108円はお買い得

 

 

日付はスタンプですることにし、これもダイソーで購入しました。

f:id:nonbirihappy:20170724150401j:plain

 

8桁表示ですので、西暦表示ができます。

f:id:nonbirihappy:20170724150437j:plain

適度にかすれた感じで印字されていい感じでした。

 

両方共108円ですので気兼ねなく使えます。

 

 

・ たっぷり書ける!

 

A4方眼紙はA5の2枚分です。1ページがカズンの2倍になります。

ですので、スペースを気にせず、思いついたことをどんどん書き込むことができます。

 

また、ルーズリーフ式ですので、ページ数もいくらでも増やせます。

1日1ページにこだわらずに数ページにも渡って書いていくことができます。

 

先日あった夏祭りの日は、4ページに渡って写真・コメントを書きました。

残しておきたいことが全て書けたのでとても満足です。

 

 

・ タスク管理を手帳からデジタルへ

 

ほぼ日手帳カズンの好きだったところに「週間バーチャルダイアリー」がついていることがありました。

私はタスクを月間・週間・日間で管理していますが、ほぼ日手帳カズンではこれを一括で管理することができました。

 

しかし、今はこれらをデジタルで管理しています。月間をGoogleドライブ(スプレッドシート)、週間と日間をEvernoteに移行しました。

スケジュール管理はもともとGoogle カレンダーを使っています。

 

ですので、手帳は日々のログ管理がメインとなりました。

よって、ほぼ日手帳のような充実した手帳でなくても良くなりました。

 

 

 

・カズンの半年分が未使用

 

 

 ほぼ日手帳カズンは半年版のアベックを購入していたのですが、7月スタートの後半は新品のまま残っています。

 

これはこれでもったいないので何か使いみちがないか考えてみたのですが・・・・思いつかないです。

 

嫁さんにあげようかな?

 

 

・ こちらで正解です

 

A4方眼紙は今年の4月から使い始めました。

今のところ正解です。

やはり「たっぷり書ける」というのは気持ちが良いです。

 

日頃はクリアファイルに10ページほど持ち歩いています。

思いついたときにすぐにぱっと書けるところも気に入っています。

 

ただ、ダイソーのA4方眼紙は売り切れ店が多いです。

特にビジネス街の店は在庫切れが目立ちます。仕事で使う人が多いのでしょうね。

 

自宅近くのダイソーは在庫があるので、見つけたときに数冊購入しています。

 

ルーズリーフバインダーもSeriaで買ったものを使っていますが、こちらはかっこいいのを探し中です。