のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

大阪ATCで開催されてる「メガ恐竜展」に行ってきました

 

大阪ATCで行われている「メガ恐竜展」へ行ってきました。

mega2017.jp

写真をほとんど取っていません。

以下、単なる感想文みたいになってます。

 

 ・どうして恐竜展へ? 

 

正直なところ、恐竜に興味があったわけでは無いです。

保育所で割引券が置いてあったこと、うちの2歳男児が怪獣が好きで「行きたいか?」と聞くと「行きたい!」と答えたこと(怪獣と恐竜の区別がついていない)

 

それと、これが決定打

期間限定で子ども向けのプールがあること

www.atc-co.com

 

これだと子どもたちも楽しめそうなので行くことにしました。

 

 ・人は少なめ?

 

ATCは、お正月に「プラレール博」、GWに「トミカ博」が毎年開催されており、何度か行ったことがあります。

今回は、お盆休み中の土曜日に行きましたが、上記に比べて人は少なかったです。

「メガ恐竜展」はそこまで人気が無いのかもしれません。

 

ただ、車で行ったことがある方はわかると思いますが、大阪港咲州トンネル出てすぐにあるタイムズ駐車場は9時半の時点で満車でした。

そこは一日400円と周りに比べて安いので人気があります。

とは言っても、他の一日500円は余裕で入れましたけど・・

 

 

 ・最初はプールへ

 

まずは、水遊び王国に行きました。

オープンの10時と同時ぐらいに行きましたが、まだ人は少なかったです。

5家族ぐらいでした。

ビニールプールが大小10個ほどあり、水鉄砲やボールがあり、子どもたちが遊べるようになっています。

更衣室は、簡易型のテントです。完全に子ども向けですので、おとなはプールの周りでみているだけになります。

わたしは、濡れるのが嫌なので海水パンツでしたが、水着を着ているおとなはいなかったです。

 

子どもたちは、水鉄砲で掛け合いしたり、いろいろなプールを次々に回って、とても楽しそうでした。

プールの水はポンプで巡回させているようで、比較的きれいでした。

横の親御さんが「市民プールよりきれいかもね」なんて言っていたぐらいです。

監視員もいてますし、検査もしていましたので、子どもも安心して遊ばすことができます。

 

小学校低学年ぐらいまでは充分遊べると思います。

「水あそび王国」は毎年やっているようです。

 

 ・メガ恐竜展の前に

 

その後、メガ恐竜展に行ったんですが、展示会場に入る前に、恐竜関連のアトラクションがあり、子どもたちの興味はまずそちらに向かいました。

 

ジュラシック・パークをイメージしたトランポリンと大きなすべり台(写真なし)や、恐竜の背中に乗って進むおもちゃバイク(こちらも写真なし)に、子どもたちは大喜びです。

 

実物大の恐竜の背中に乗っての写真コーナーがあったのですが、うちの子たちは恐竜がリアルすぎて怖がって近寄れませんでした。

ちなみに、アトラクションは、別チケットが必要です。

 

 ・さぁ展示場へ

 

展示場は、骨格による再現、リアルに動くロボットなどがたくさん展示してあります。

 

子どもたちはあまり興味を示しませんでしたが、わたしは大きさに興奮していました。

 

ほとんどが原寸大で展示されており、「こんなでっかい生き物がうろうろしていたなんてすごいな~」と単純に感動していました。

「ティラノサウルス」の骨格を見て、「こんなのに襲われたら人間は太刀打ちできないな」なんて思ってました。

 

一番大きかったのは「トゥリアサウルス」です。

f:id:nonbirihappy:20170821144929j:plain

 

写真下のお子さんを持ち上げている親子さんと比べるとその大きさがわかると思います。

これでも半分しか復元していないそうで、全長は30メートルもあるそうです。

 

いくつか触れる化石も展示してあり、子どもたちは「恐竜のうんちの化石」を触ってケラケラ笑ってました。

 

メガ恐竜展は大人が結構楽しめるのではないかと思います。