読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

GoogleドライブでOfficeが使いやすくなりましたよ。Googleが連携プラグインを発表しました。

 

クラウドサービスはいまや欠かせないツールとなっています。

ラインナップが豊富で、無料で充分な容量を使うことができます。

 

 

その中で、最近Googleドライブを使う機会が増えてきました。

 

Googleアカウントを持っている人が多いので共有がしやすい、やっていない人へおすすめしやすいというのがあります。

それと、スマホタブレットからの同期が他に比べて早いです。外出先で写真や資料をアップするときにそう思います。

4GLTE回線でも充分早いです。

最近では、クライアントともGoogleドライブで共有して資料管理をしています。

 

 

そんな、Googleドライブですが、マイクロソフトOfficeと直接連携できるプラグインが提供されました。

 

 

 Googleドライブプラグイン for Microsoft Office 

 

 

GoogleドライブプラグインforMicrosoftOffice」というプラグインをダウンロードすると使えるようになります。

 

tools.google.com

上記のサイトからダウンロードできます。

 

 

ダウンロード方法は簡単です。サイトの「ダウンロード」をクリックします。

 

 

f:id:nonbirihappy:20150729110038p:plain

 

 

「同意してインストール」をクリックすると、そのまま自動にインストールが始まります。

 

f:id:nonbirihappy:20150729110123p:plain

 

 

下の画面が出てきたら成功です。

 

f:id:nonbirihappy:20150729110150p:plain

 

 

 

 デスクトップ版Officeを開いてみよう

 

インストールが終わったら、デスクトップ版にOfficeを開いてみましょう。

今回はExcelを開いてみます。

 

 

最初に開いた時は、以下の画面が出てきます。

これは、「デスクトップOfficeとGoogleドライブを連携させていいですか?」という確認みたいなものですので、「開始」をクリックしましょう。

 

f:id:nonbirihappy:20150729110423p:plain

 

 

Googleアカウントを聞いてきますので、Googleドライブで使っているアカウントを入力します。

 

f:id:nonbirihappy:20150729110624p:plain

 

 

連携が済めば以下の画面になりますので、「完了」で終了です。

 

f:id:nonbirihappy:20150729110842p:plain

 

 

上のリボン上に「Googleドライブ」という項目が増えています。

 

f:id:nonbirihappy:20150729111107p:plain

 

 

「開く」をクリックすると、Googleドライブの画面がポップアップで表示されます。

使うデータを「選択」すると、Officeへのダウンロードが始まり、画面に表示されます。

シート1枚程度でしたら、同期スピード2,3秒ほどでかなり早いです。

 

 

f:id:nonbirihappy:20150729111730p:plain

 

 

保存方法は、「ドライブへ保存」をクリックすると、ポップアップで別画面が出てきますので、そこから簡単にアップロードすることができます。

保存先も選べますので、共有先別にフォルダ管理している場合便利です。

 

f:id:nonbirihappy:20150729112549p:plain

 

 

「ファイル」からも「Googleドライブ」の項目が確認できます。

こちらからは「最近開いたファイル」もすぐに呼び出せます。

 

f:id:nonbirihappy:20150729111004p:plain

 

 

 Googleドライブというフォルダがある感覚

 

このように、Officeから直接Googleドライブへデータを取りに行くことができます。

同期スピードが早いので、Googleドライブというフォルダが一つある感覚で使う事ができます。

同期への手間もOfficeの画面上でできますので、とても楽です。

Dropboxも連携はしていますが、手間で言いますと、今回のプラグインのほうが簡単です。

 

ただし、少しだけ注意点があります。

わたしのはOffice2010なのですが、プラグインを入れてから、若干Office自体の立ち上がりが遅くなりました。

いままではすぐに立ち上がってましたが、3秒ほど時間がかかります。

機能アップから考えたらわずかなことと言えますが、気になる方もいるかもしれません。

 

それから、Googleスプレッドシートは直接Officeへダウンロードできないです。

いままで通り、「形式を指定してダウンロード」でしかOffice変換はできないです。

 

 

今回のプラグインGoogleドライブとOfficeとの垣根が一段と下がったように思います。

何度も言いますが、フォルダ感覚でGoogleドライブが使えますので、データをとりあえずあげておいて、あとで外からスマホタブレットで確認するという使い方ができます。

 

 

GoogleドライブでOfficeデータを管理している方にはもちろんおすすめです。

また、これを機会にGoogleドライブを使い始めてもいいのではないでしょうか。