読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】(第三話)感想「決闘って・・」

 

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、第三話を見ました。

 

g-tekketsu.com

 

 

 

 展開が遅いのかな?

 

 

正直なところ、おもしろかったとは言えない回でした。

 

主人公たちのクーデターで軍?の決定権を自分たちが持つこと、そして議員の娘を護衛することを自分たちで決めること、この2つを設定付けるための回のように感じました。

 

前回の記事にもかきましたが、前置きが長いのか、展開が遅いように思います。

 

設定が今までのガンダムより細かく(起動方法とか)、そして世界観は壮大な感じがするので、序盤はこんなかんじで進むのかもしれないですね。

 

 

 決闘って・・・

 

議員の娘の引き渡し交渉にギャラルホルン(敵?)のパイロットが来ますが、いきなりモビルスーツでの決闘を申し込みます。

 

「決闘!?」って感じで驚きました。

 

なんか古臭くないですか?

 

パイロットは昔かたぎで頑固ものという感じで、少年兵全体に対する思い入れがあるようです。

 

しかし、いきなりモビルスーツで決闘というのはなんか違和感がありました。

 

 

あと、簡単に人を殺しすぎとも思いましたね。

 

モビルスーツの戦闘でならわかりますが、普通に拳銃で「バン」が多い。

 

それも主人王が冷徹に「バン、バン」ってやっちゃうから。生々しいです。

 

 

 ガンダムは4機?

 

他には、ガンダムの起動方法の話が少し出てきました。「アルなんちゃら」ってやつ(うまく聞き取れなかった)

 

今日気付きましたが、上記の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のサイトには「モビルスーツ」の紹介が載っています。

 

見てみると、ガンダムは4機紹介されています。とりあえず、あと3機は出てくることは確定ですね。

 

どのような登場をするのか今から楽しみです。

 

今回で地球に向けて出発することが決まったので、火星から出て行くと面白い展開になるのかもしれません。

 

これからが期待ってところですね。

 

 

【あとがき】

子どもは全くガンダムに興味なし。アンパンマンのほうがかっこいいそうです(^^)

 

こちらもどうぞ

 

nonbirihappy.hatenablog.com

 

 

nonbirihappy.hatenablog.com