読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

サメを題材にしてる時点でB級アクション確定~映画「シャークネード」感想

映画

 

 

今日の映画感想はこちら

 

シャークネード

 

またまたHuluで観ました。

 

 これぞB級アクションムービー

 

B級感が満載な映画でした。

これぞB級アクションって感じです。

 

ストーリーは、カルフォルニアに巨大ハリケーンがやってきます。

そのハリケーンとともに竜巻による水柱が発生し、サメが巻き上げられます。

ハリケーンでカルフォルニアが水浸しになり、巻き上げられたサメが空から降ってきて街なかを泳ぎまくり、人々を襲うという展開です。

 

どうです、設定の説明の時点でB級感満載でしょう。

というか、サメを題材にしている点ですでにB級感が出ています。

 

B級らしい気楽に観れる楽しい映画でした。

 

空からサメが降ってくる映像はかなり斬新です。

急に空からサメが降ってきて、いきなり食べられてしまいます。

窓際にいると、いきなり外からサメが落ちてきてガラスを破り、そのまま食べられてしまいます。

サメってそんなに食欲旺盛?と思うほど、人を食べまくります。

 

また、空からのサメに立ち向かうためにピストルで撃ちまくります。

「ピストルを撃って空からサメが落ちてくる」、この設定はかなり斬新です。

 

サメに食べられるシーンが多いですが、グロさは少ないです。

ときたま、腕が引きちぎられるシーンがありますが、ほんの僅かです。

しかし、血はたくさん出てきます。

そういうのが苦手な人はやめておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 CGが粗い

 

 

サメは全てCGでしょうが、粗めの作りですぐに合成だとわかるレベルです。

笑けてくるぐらいのところもあります。

 

街なかは水で溢れてサメが泳いでいるのですが、「これはアニメ?」と思うレベルです(笑)

竜巻の中にもサメがウヨウヨと飛び散らかしていますが、こちらは完全にマンガレベルです(笑)

その割には人が食べられるシーンは妙にリアルなんですけど。

 

あと、嵐が来ている設定なのに晴れになったりと、天気の設定も粗いです。

さっきのシーンでは雨が降っていたのに、次に画面では天気が良くなっていたりするので、「これはさっきの続きのシーン?場面が変わった?」と思いところがいくつかありました。

 

冒頭の観覧車が嵐で倒れるシーンがあるのですが、これはすごくリアルでした。

「観覧車ってあんなふうに倒れるのか」と信じてしまいそうになるぐらいリアリティーが高くて迫力がありました。

サメのCGとは大違いです(笑)

 

 主人公は離婚協議中ですが、奥さんと子どもを助けて一緒に逃げたり、戦ったりすることで、家族の絆を再認識し、よりを戻すことになります。

また、主人公の一番の友人が最後にサメにやられます。

ここらへんもアメリカB級映画っぽいです。

 

時間つぶしに気楽にちょっとハラハラする映画が観たいとき、充分に楽しめる映画だと思います。