読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

【Office365solo】購入後のインストール方法を紹介します。

VAIOS11 IT・ガジェット Excel

 

 

Amazonで「Office365solo」を購入しました。

 

nonbirihappy.hatenablog.com

 

 

今日は、購入後のインストールの流れを紹介します。

 

 メールが届く

 

Amazonで購入を確定させると以下の画面になります。

 

f:id:nonbirihappy:20160525143021p:plain

 

「のちほどEメールをお送りします」となっており、Amazon登録アドレスにメールが届きます。

この画面でもダウンロード手続きができそうでしたが、わたしはメールから手続きをしました。

メールから入っても同じ画面が出てきます。

 

アドレスに以下のメールが届きます。

文字が小さいですが、画面から「Office.com」をクリックします。

「ご利用方法はこちら」をクリックするとダウンロード方法の説明画面になります。

 

f:id:nonbirihappy:20160525143215p:plain

 

 

 

 画面が「Office365」のセットアップ画面になります。

「プロダクトキー」はAmazonで購入した場合、入力する必要はありません。

「次へ」で進みます。

f:id:nonbirihappy:20160525144221p:plain

 

 

次の画面でMicrosoftアカウントを入力します。

初めての方はここから新規作成ができます。すでにお持ちの方は、そのアカウント、パスワードを入力します。

ここで少し注意点があります。

複数アカウントがある人で「OneDrive」を使い分けている方は、ここでのアカウントに「Office365」の特典である「1TB増量」が付与されます。

容量を大きくしたいアカウントを入力するようにしてください。

 

f:id:nonbirihappy:20160525144415p:plain

 

次に「設定の確認」画面になり、アカウントに登録されている名称が表示されます。

間違いがないことを確認して、「日本」を設定後進みます。

 

f:id:nonbirihappy:20160525144740p:plain

 

 

これでセットアップが完了です。下の画面が出てきたらOKです。

インストールの準備ができたことになります。

 

f:id:nonbirihappy:20160525144931p:plain

 

 

 

 さぁ、インストール

 

 

まず上の画面から「インストール」を選択します。

次に以下の画面に代わりますので、インストールします。

この際、Windows用になっているのか、自分がインストールするOSに間違いがないか、念のため確認しましょう。

今回はWindowsにインストールするため、「Office for Windows」になってます。

f:id:nonbirihappy:20160525145052p:plain

 

「インストール」をクリックすると以下の画面が表示されインストールが始まります。

 

f:id:nonbirihappy:20160525145454p:plain

 

f:id:nonbirihappy:20160525145557p:plain

 

f:id:nonbirihappy:20160525145620p:plain

 

この画面が出てくれば無事終了です。

このインストール、思ったよりも時間がかかりました。

20分ぐらいはかかったように思います。

サクッとは終わりませんのでそのつもりでいてください。

 

ちなみにインストール後「OneDrive」はちゃんと容量が増えているのか確認しました。

f:id:nonbirihappy:20160525145859p:plain

ちゃんと1TB増えてます。

1TBも使わないと思いますけど、あれば安心ですよね。

 

以上が「Office365solo」の購入後の手続きです。

所要時間40分ほどかかりました。

全てネットで完了するので手間がかからず楽でした。

 

インストール後は普通に使えています。

やはりビジネスではまだまだOfficeが欠かせないですね。