読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

「今年ももう半年過ぎたのか~」 税理士の一年は本当に早いという話

思うこと 雑記

 

 

税理士業界に入って10年以上になります。

f:id:nonbirihappy:20160623152033j:plain

いつも思うのですが、税理士の一年は本当に早く感じます。

 

 

 法律の期限がある

 

税理士の年間スケジュールは1月1日時点でほぼ決まっています。

 

と言いますのは、税法で決められた期限があり、それに合わせて仕事が進んでいくためです。

 

まず、顧問先の会社の場合、法人税等の確定申告書は、決算月から2ヶ月以内に提出します(上場企業等の場合1ヶ月の延長可能)

 

通常、確定申告書は1ヶ月後から作成していきますので、2ヶ月後の月末が期限となり、それに合わせてスケジュールが決まっていくことになります。

 

ですので、「今月は◯◯の申告」、「来月は✖✖の申告」と月単位で予定が決まります。

 

個人は毎年2月15日~3月15日までが確定申告期限ですので、その間で予定が決まることになります。

 

このように、法律上の期限合わせて、必然的に予定が決まっていくことになります。

 

 

 まだまだ期限があります

 

まだ期限があるものがあります。

 

それは「源泉所得税の納付」です。

 

源泉所得税とは、給料等を支給されたときに天引きされている税金のことです。

天引きした会社側は、それを納めなければなりません。

 

原則、毎月10日までに前月分を納付するのですが、従業員10名以下の会社は、それを半年ごとの納付に変更することができます。

 

その半年分の納付が来月7月10日になります(今年は曜日の都合上7月11日)

 

12月には「年末調整」という源泉所得税の年間計算があります。

 

というように、会社・個人の税金計算、源泉所得税の納付準備などでほぼ年間スケジュールが決まってくることになります。

 

 

想定外の仕事も 

   

 

もちろん、決まった仕事だけではありません。

 

新しい契約を頂いたり、予期せぬ相続の話が入ってきたりします。

 

このように年間スケジュールと突発的な仕事をこなしていると、時間なんてあっという間にすぎてしまいます。

 

期限を追いかけていると「もうこの時期か~」と思うことは何度もあります。

 

「ついこの前この会社の決算をしたと思ったけど、もう今年の決算?」なんて思うことはザラです。

 

いまは、源泉所得税の半年納付作業が佳境なのですが、つい前に「年末調整」をしていたように思います。

 

「もう今年も半年か~」と思うのです。

 

来月以降も、毎月の会社決算をして、そして、年末調整の時期になり、来年の個人の確定申告となってしまうのでしょう。

 

考えたら、来年の予定もほぼ決まっている状態です。

 

この業界に入って本当に思いますが、一年が早いです。