のんびり時間がHAPPYタイム

情弱アナログ人間ですがデジタルガジェット好きです。読書と食べることが好き。徒然に書いてます。

手帳は「ほぼ日手帳」一冊で充分です

 

 

ほぼ日手帳2016年版が発表されています。

 

nonbirihappy.hatenablog.com

 

わたしのほぼ日手帳歴は今年で4年になります。

 

一年目だけ「オリジナル」を使って、それ以後はずっと「カズン」を使っています。

 

手帳は「ほぼ日手帳」一冊だけです。

 

他は使っていません。

 

 

 予定を分けて考えない

 

 

メインはスケジュール管理に使っています。

 

予定は、仕事とプライベートは分けずに、全部まとめて書き込んでいます。

 

サラリーマン時代に仕事用に縦長の週間手帳、プライベート用に月間手帳と2冊使っていたことがありました。

 

しかし、結局全て自分ひとりの予定なので、一冊にまとめてしまったほうが確認しやすいと気づき、2冊使用はやめました。

 

 

ほぼ日手帳」、特に「カズン」は、月、週、日ごとのページがありますので、予定をそれぞれの単位で確認することができます。

 

これを別々に管理していると、それぞれの手帳を確認する手間がかかるので効率が悪いです。

 

一冊で全て確認できるのは「ほぼ日手帳」の大きなメリットです。

 

ただ、ひとつの予定を3つに書かなければならないところは少し面倒ではあります。

 

 

 書くスペースが大きい

 

 

これはカズンに言えることだと思いますが、書くスペースが大きいので、スケジュールを書いても他にもたくさん書けます。

 

わたしは、月、週、日それぞれの単位別にタスクを書いていますが、それでも十分に余白があります。

 

手帳にちょっとしたメモや日記を書く習慣がある方は、「ほぼ日手帳」ですとスケジュールと共に一緒に書くことができるので使いやすいと思います。

 

書くスペースが大きいというのも「ほぼ日手帳」のもうひとつのメリットです。

 

 

他の手帳を使ったことがないので、もしかしたらもっと使い勝手がいいものがあるのかもしれません。

 

しかし、いまのところ「ほぼ日手帳」がわたしにとってはベストです。

 

 

ほぼ日手帳公式ガイドブック2016 This is my LIFE.

ほぼ日手帳公式ガイドブック2016 This is my LIFE.